建て主の山の木を使って建てて欲しいというところから設計がスタート。構造材の半分以上を建て主さんの山から搬出した材を使いました。 6〜8mのヒノキの梁材を120本以上使い、大工さんの手刻みにより、金輪継ぎでしっかり組んだ木組み。 各部屋、廊下、トイレまで温水床暖房を屋根に設置した太陽光発電で稼働。晴れた日はランニングコストがかかりません。 床材は北海道産のクリ。合板を使わず、国産木材100%です。 南、東、西は真空ガラスの木製建具。ぬくもりの感じる空間になりました。

幼稚園完成

建て主の山の木を使って建てて欲しいというところから設計がスタート。構造材の半分以上を建て主さんの山から搬出した材を使いました。
6〜8mのヒノキの梁材を120本以上使い、大工さんの手刻みにより、金輪継ぎでしっかり組んだ木組み。
各部屋、廊下、トイレまで温水床暖房を屋根に設置した太陽光発電で稼働。晴れた日はランニングコストがかかりません。
床材は北海道産のクリ。合板を使わず、国産木材100%です。
南、東、西は真空ガラスの木製建具。ぬくもりの感じる空間になりました。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 住宅メーカーに無駄なお金を払っていませんか?

  2. 本当にエコな暮らしをするなら、オール電化は間違っています!

  3. 畳があぶない

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP