製材の様子

製材の様子

栗の大黒柱、製材見学

東京都三鷹市で建設予定のM邸の大黒柱を建さん参加のもと、製材しました。

大黒柱は家の構造の要です。2階建てなら2階まで伸びる通し柱(6m以上)として8寸角以上のものを使いましょう。いちばんリーズナブルな杉なら1本8万円くらいから買えます。


今回は7m、9寸角の栗の通し柱の製材です。まっすぐな栗はなかなか手に入りません。とても貴重な材です。
小さなお子様にはちょっと退屈だったようです。


丸太からどんどん製材されていきます。


とてもきれいな柱となりました。
とても愛着が出てきたと建て主さんが言ってくれました。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 本当にエコな暮らしをするなら、オール電化は間違っています!

  2. 建築と医学の共同設計

  3. 製材の様子

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP